中入研は、東海・南山・滝をはじめ全国の私立中学入試に対応。私立中学受験専門、合格を目指す学習塾です。

中学受験を通して

行学一体」「報恩感謝

中学受験の学習を通して下記のことがらが自然にできるこどもに育てていくことこそ、我々の使命と考えております。

なぜなら、あくまでも中学合格は、こども達にとって1つの通過点にすぎないと思っているからです。

正しい学習習慣を身につけさせる。-各学年に応じた適正な学習量-

塾の授業だけでなく宿題等も使い、学習習慣を身につけることからはじめます。

難しい問題にぶつかった時に、しっかり踏みとどまり、論理的に考えを組み立てていける力を養成するため、調べれば解るものについては、辞書や百科事典・テキストで自ら調べさせるようにし、自力で解らないものに関してはどんどん質問する(自学自習の精神)ように指導しています。また我々は「勉強」は、自分のできないところやわからない部分を理解したり、できるように誠実に実践・実行することなのだと教えています。努力こそが大切なのであり、いい加減な勉強ではいい加減な学力しか身につかないからです。

「詰め込み式」の学習では、せっかく中学に合格しても中学の勉強についていけなくて落ちこぼれてしまう生徒も少なくありません。当塾では、子供達の未来を明るくするため、正しい学習の取り組み方から育てています。宿題プリントについては各学年によって量が違います。1週間の家庭学習でそれがどれだけしっかりできたか?宿題の内容(質)と、どのぐらい出来たか?(量)で評価させていただいています。

当塾の宿題はたくさん学習できる生徒にあわせて出しておりますので、時に多く感じる場合もあるようです。しかし1つ1つの宿題をきっちり学習し、その学習量を徐々に多くしていけるようにするため、このような宿題にさせて頂いております。

会話ができるようにする。

相手に自分の意思を伝達する手段として、言葉はとても重要です。単語だけで会話をしたり、返事がおかしかったり、文末をはっきり話さない(発音しない)などをしていては、自分の考えていることを相手には伝えられません。中には返事すらしないお子さんもお見えになります。これでは将来が心配です。自分の言葉で思っていることを話すことができる子どもに育てていきたいと考えていますので、話し方のおかしな生徒には言いなおしをさせています。

すぐにあきらめない・投げ出さない心を育てる。

ちょっと問題がわからなかったり、テスト結果が良くないと、すぐ「自分は駄目なんだ」とあきらめてしまったり、投げ出してしまうようではとても心配です。ちょっとのことでは挫けない。「やり遂げる」「挑戦する」という気持ち(意志)を持たせたいです。最後まで目標に向かって努力し、チャレンジすることを学び、今後のこども達の人生において出てくると思われるもっと大きな試練にうち勝っていける精神力を身につけていって欲しいと思います。マイナス思考は厳禁です。

感謝の気持ちを忘れない。

他人に迷惑を掛けていてもしらんぷりであったり、ばれなければ何をしてよいとしてしまって、はたしていいのでしょうか?これらの社会のモラルの低下は嘆かわしいばかりです。正直な心を持ち、自分が悪い時は素直に謝ることができる。そして、自分のとりまく自然や世界、友達や家族に優しいまなざしを向けられる。そんな子どもに育てていきたいです。ですから、お子さんがいけないことしたときは当然叱りますし、良いことについてについては褒めます。他塾のように、退塾防止のため、子どもがどんなことをしても注意しないといった「野放し」には絶対しません。逆に理不尽に叱るようなこともしていません。当塾で叱られるお子様には理由があって叱られているのです。

お問い合せ先はこちら

岩倉校:TEL0587-38-0288/春日井校:0568-82-6586(受付時間10:00〜22:00)

入会申込・資料請求・お問い合せ

このページの先頭へ